放っておくと大変!医者が教える包茎の病気

包茎から病気になる事はあるの?

包茎自体が病気と思われがちですが、包茎自体は病気ではありません。
ただ、包茎から病気を発生させてしまう事は多く、特に真性包茎やカントン包茎の場合でしたら、中々洗う事が出来ませんので、そこから恥垢が溜まってしまうのが問題です。
恥垢には雑菌がたくさん含まれているという事もあり、そのまま放置する事で炎症を起こしてしまう事もありますし、性病を引き起こすきっかけになるとも言われています。
もちろん、真性包茎やカントン包茎だけではなく、仮性包茎でも綺麗に洗えていなかった場合は同様に病気になるリスクがありますので、出来るだけ清潔に保つことが大切です。
真性包茎やカントン包茎に関しましては、自分で恥垢を完全に綺麗にするのは難しいですので、包茎手術をするのが一番です。

病院に行って包茎手術をしよう

自分で無理矢理剥いて包茎を改善するという方法もありますが、長年癒着していた皮を自分で無理矢理剥くのは非常にリスクの高い行為ですのです。
ですので、病院の方にいって包茎手術をするのが一般的な包茎の改善方法となります。
包茎手術と聞くと痛そうというイメージがあったり、恥ずかしいと思ってしまいがちですが、基本的に包茎手術を行う病院ではプライバシーが厳重に守られていますので、完全個室で患者同士で鉢合わせしないようにしている病院もあるぐらいです。
ちなみに、痛みに関しても麻酔注射を使いますので、耐えられないほどの痛いというわけではありませんし、麻酔注射の痛みが怖い場合は無痛麻酔が出来る所もあります。
また、重度の真性包茎でしたら保険適用が出来る可能性も高いですし、その他の包茎治療でも今はそこまで費用はかかりませんので、悩んでいるのでしたらまずは一度病院に相談してみましょう。

© Copyright Phimosis For Men. All Rights Reserved.